失った歯を補う

歯ブラシの毛

失った歯を補う治療法には、旧来より入れ歯、ブリッジという治療法があります。ただ、どちらも残念ながら完璧とは言えない治療法です。なぜなら、構造上、どうしても強い力で噛むことが困難な治療法だからです。 しかし、近年は強い力で噛むことができる治療法が普及し、一般化されつつあります。それは、インプラントという治療法です。 インプラントは、歯を失ったところに人工歯根を埋め込み、その人工歯根に人工歯を取り付ける治療法です。人工歯根は単に埋め込むだけではなく、顎骨に結合させます。ですから、しっかりと固定されているのです。その為、強い力で噛むことが可能となっています。 強い力で噛むことができるインプラントは、失った歯を補う最善の治療法です。従って、現在、歯科ではインプラントを推奨しています。

ただ、インプラントは比較的新しい治療法ですので、どこの歯科でも行っている治療法ではないのです。しかし、そうはいっても現在は、かなり普及していますので、わざわざ治療を受ける為に遠方に足を運ばなければならないということはないでしょう。 但し、インプラントは非常に高度で、かなり大掛かりな治療法となります。つまり、担当する歯科医の技術や経験、そして歯科に備わっている設備と治療結果が深く関係している治療法なのです。ですから、治療を受ける歯科選びが重要となる治療法なのです。 インプラントを専門に行っている歯科があります。また、専門でなくてもインプラントの治療に力を入れ、実績が豊富な歯科があります。インプラントは、そういった歯科で治療を受けるのが賢明だと言えるでしょう。